産廃処理の抜群の効果を発揮する機械|ハンマー破砕で簡単瓦礫選別

工事現場

振動による選別

作業員

一次処理を終えた瓦礫などの選別は、振動ふるい機と呼ばれる機器でさらに細かく選別できます。振動ふるい機とは、土砂に振動を加えることで簡単に産廃選別ができる機器です。建設現場で産出された産業廃棄物には、たくさんのこまかな素材がふくまれています。細かく砕けたセメントや石膏、プラスチックやガラスなどが、自然の土や石と混ざっているので、手作業などで選別するのは難しいのです。しかし産廃選別用の機器である振動ふるい機ならば、産出された土砂へ振動を与えることで、比重の違いから簡単に選別を行わせることができるのです。セメントやガラス、プラスチックはそれぞれ比重が異なるものです。それらの素材に振動を与えると、重量の軽さから振動による衝撃力に違いが現れ、比重の違いによって混合された土砂から素材が選り分けられてしまうのです。人の目で選別が難しい混合土砂でも、短時間で選別することができるので、産廃選別に欠かせない機器となります。

産廃選別を行なう振動ふるい機には、選別処理が楽になるさまざまなオプションが付けられています。ショベルなどで直接入れることができるよう、土砂が溢れることを防ぐホッパーが上部に付けられているので、選別処理も負担なく行なえます。また、選別した産廃を排出する箇所には、土砂の残留を防ぐゴム素材も使用しています。摩擦の小さなゴム素材によって残留を防げば、産廃選別のスピードも早くなるほか、メンテナンスなどの手間もかからなくなるのです。機器の費用や本体の機能性だけでなく、これらのオプションの有無も調べることで、よりよい機器の導入ができるでしょう。