産廃処理の抜群の効果を発揮する機械|ハンマー破砕で簡単瓦礫選別

工事現場

粒度の違いで選別できる

ヘルメット

産廃処理を行なう上で、問題となるのが木材チップの処理でしょう。木材チップは比重が非常に軽いので、振動ふるい機での選別でも難しい場合があります。産廃処理を専門に行なう会社に委託せず、自社で安く処理を行ないたいとするなら、木材チップの選別もできる高性能の産廃処理機器が必要となるのです。木材チップの選別もできる高性能な処理機器といえば、スイングスクリーンが挙げられます。土台に運び入れた土砂を、円状の動きで分別させることができるので、高精度での選別が可能となるのです。振動を与えただけではなかなか動かせなかった素材も、大きな円運動でしっかりと分別させられるので、いままでにない高い効果が得られます。

スイングスクリーンが産廃処理を行なう上で高い効果を発揮する理由は、スクリーンの角度を細かく調整できる点にあります。角度を調整することで、処理を行ないたい物の粒度に合わせて選別することができるのです。木くずなどの可燃性の産廃は、大きさによって燃える速度なども変わってくるので、効率よく燃やすには大きさもある程度制限しなければなりません。そのため、処理を行なうには粒度による大きさの選別は不可欠となるのです。スイングスクリーンは、スクリーンの傾斜を簡単に変化させることができるので、今までよりも高精度な産廃処理をおこなうことができるでしょう。専門の会社に依頼することで、小型で使いやすいスクリーンやどのような場所でも作動させられる耐久性の高いスクリーンを導入することができるのです。