産廃処理の抜群の効果を発揮する機械|ハンマー破砕で簡単瓦礫選別

工場

細かく砕ける専用機器

工事現場

建物の取り壊しを行なった場合、多くの建設会社は産出された土砂の選別に悩むことでしょう。建設現場で出された廃棄物は、それぞれ適切な方法で処分することが義務付けられています。処理を怠れば法的にも処罰されるので、廃棄物のクリーンな処分、またはリサイクルが必要となるのです。このような処理を全て引き受ける会社も多くありますが、処理を行なう会社に依頼するとかかるコストも問題となります。自社で適切に処理を行なうことができれば、このような産廃処理の会社を経由せずとも、安く処理ができるでしょう。瓦礫選別や産廃選別が可能となる機器を使用することで、高い精度での産廃処理ができるでしょう。木材チップやコンクリート、石膏ボードごとに分別ができれば、あとはごみ処理を行なう会社や加工を行なう会社などに安く処分を任せられるので、コストを大きく抑えられるのです。

産廃処理ができる機器を使用する場合、必ず大型の破片を砕く一次処理が必要となります。ふるい機やスクリーンなどの選別機器は、ある程度の小さくした土砂でなければ選別させることはできません。大型の破片や自然石が含まれている場合、破砕を行なう機器を初めに使用することで、選別機器へ運ぶことができるでしょう。産廃を破砕する機器は、大型のハンマーによって素材を細かく砕くことができるので、パワーショベルなどで破砕を行なう手間も大きく省けます。自社での産廃処理を行なう会社であれば導入すべき機器となるのです。

一次処理に高い効果

作業員

建物の取り壊しを行なった場合、瓦礫の中にはたくさんの大型破片が含まれています。ふるい機やスクリーンに負担を掛けることとなるので、大型破片を取り除く一次処理が必要となるのです。回転式選別機を使用することで、大型の破片を取り除いた瓦礫選別が行なえます。

振動による選別

作業員

一次処理を終えた土砂は、振動ふるい機などを使用してさらに細かく産廃選別を行なう必要があります。素材の比重によって短時間で簡単に選別ができるので、振動ふるい機は非常に高性能な機器となります。機能を補助するオプションなどにも注目して導入しましょう。

粒度の違いで選別できる

ヘルメット

産廃処理を行なえるスイングスクリーンは、これまで選別が困難だった木材チップの処理も簡単に行なえます。円スライドによる選別は、傾斜を細かく変えることで粒度の違いによる処理もできるようになるので、高精度の選別も可能となるのです。